戸籍謄抄本、どの自治体でも取得可能に 改正法が成立 24年めどに新システム|日本経済新聞

 戸籍謄抄本、どの自治体でも取得可能に 改正法が成立 24年めどに新システム|日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45207720U9A520C1CR0000/

 今は本籍地の自治体でないと取得できない戸籍ですが、2024年をめどに法務局のシステムが改修され、
 本籍地以外の市町村でも戸籍が取得できるようになるようです

 相続の際に相続人を確定させるために、被相続人、相続人の戸籍を取得しますが、相続人が多い場合には取得の手間がかかります。
 これを、1つの自治体に窓口を統一できるということであれば、事務負担は軽減されるのではないかと思います。

 従来は、自治体間で戸籍情報の共有ができていなかったようです。
 システムを使って情報を共有すれば、効率化できる行政手続きはまだまだあるかと思います。
 地方はますます人口が減少してきて、自治体の数も減り、行政職員も減っていくのは確実です。
 このように効率化をどんどん図ってもらって、将来に備えていってほしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【岸大路公認会計士事務所】
〒320-0065
栃木県宇都宮市駒生町1675番地8
TEL:028-652-3981
FAX:028-652-3907
※営業時間 9:00~17:30(土、日、祝日を除く)
mail:kishi-kaikei@lake.ocn.ne.jp
URL:https://hirocpa.com/

対応エリア:
栃木県(宇都宮、鹿沼、日光、栃木、さくら市 など)、群馬県(高崎市、前橋市、伊勢崎市、太田市 など)、茨城県、埼玉県、東京都

取り扱い業務:
税務顧問、決算申告、記帳、相続、資産税、監査、M&A

関連記事

  1. 未成年者の相続(民法と相続税法の視点から)
  2. 小山市ふるさと納税30億円超 ティッシュとトイレ紙が9割占める
  3. 生前にできること
  4. 税金だけを考えてしまうことの怖さ
  5. 農家さんの相続
  6. 組織再編に対して思うこと
  7. 個人事業主の相続
  8. 兄弟姉妹の相続で重要なこと
PAGE TOP